私は首イボを炭酸ガスレーザー治療でキレイに取りました!

首イボが20個以上できてしまい、市販薬も色々と試した結果、私はレーザー治療に踏み切りました。

市販薬でも、時間をかければ治療できたのかもしれません。
でも、次々と増えていく首イボがあまりにも恐怖だったので、多少お金がかかっても、時間のかからない方法を選択したのです。

f:id:charming30:20160319171151p:plain

レーザー治療だったら、短時間で沢山のイボを取ることが可能ですし、麻酔をするので痛みも無いと聞きました。
イボをレーザーで焼いてしまうので、ほんの一瞬の出来事ですしね。

人生初のレーザー治療を、まさか首イボで体験しようとは、夢にも思いませんでした!

私と同じく、首イボに悩む方に、この経験がお役に立てれば嬉しいです。

炭酸ガスレーザーとは?

炭酸ガスレーザーは、美容皮膚科で首イボを取るなら、かなりメジャーな治療方法でしょう。
痛みが少なく、仕上がりもキレイと評判なんですよ♪

私の場合、首以外にもイボができていたので、まずは目立たない脇から取っていただきました。
いきなり首からやって、万が一跡が残ったら、イヤだな・・・と思ったので。

でも、そんな心配は無用でした!

f:id:charming30:20160319184422p:plain

まず、取りたいイボを先生に伝え、場所を確認していきます。

あまりにもイボが大きかったり、ウイルス性のイボの場合は、電気分解メス処置という方法になるそうですが、小さなイボは炭酸ガスレーザーで簡単に取ることができます。

実際にレーザーを照射する際は、ゴーグルをつけて目を保護します。
ですから、何が行われているのか、見ることはできないんですね。

でも、ちょっと焦げ臭いような匂いはしますよ。

もちろん、事前に局所麻酔をしたり、麻酔クリームを塗ってくれるので、痛みは全くありません。
私の場合、小さな首イボばかりだったので、麻酔クリームでした。

たまに頑固なイボがあると、レーザーの照射時間が長くなるので、チリチリする感じはありましたが、我慢できる範囲内でしたよ。

完治までは約10日

炭酸ガスレーザーでイボを焼いた直後は、ちょっと皮膚の色が変わっていますが、すぐに落ち着きます。

しばらくするとカサブタができ、剥がれていきますが、この間に擦ったりして無理にカサブタを剥がさないよう、シールのようなものを貼って保護します。

このシールは紙製なので、上から塗り薬を塗って、浸透させることができるようになっています。

大体1週間から10日くらいで、自然にカサブタが剥がれて、綺麗な皮膚になります。

時々、跡(シミ)が残ってしまうこともあるようですが、これもレーザー治療で取ることが可能なんだそうですよ。
幸い、私はシミになることは無かったので、一度でキレイに取れました♪

気になったことと言えば、紙製のシールを貼っている間、首元を隠す服装をしなければ恥ずかしかったのと、お風呂に入った時に、治療の跡をゴシゴシ擦らないよう気を遣ったことくらいでしょうか。

ちょっと高額ではありましたが、何年も悩んでいたことがあっという間に改善されて、本当にスッキリしました!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ブログランキング