首イボの治療費はいくらかかる?炭酸ガスレーザーの場合

ところで、首イボの治療費って、いくらくらいかかるものなのでしょうか?

当たり前と言えば当たり前ですが、治療費はその治療方法によって、かなり値段が変わってきます。

首イボ治療の種類はいくつかありますが、大まかにご紹介すると

 ・皮膚科でレーザー治療を受ける。
 ・皮膚科で液体窒素で除去してもらう。
 ・皮膚科で電気分解メスで除去してもらう。
 ・首イボに効果のある市販薬を使う。

このような方法があります。

f:id:charming30:20160319183516p:plain

中には、自宅で自分で取ってしまうという強者もいるようですが、安全面や衛生面を考えると、あまりオススメはできません。

ハサミで切ってしまうとか、イボコロリを使って取ってしまうという話も聞きますが、かなりの荒業です。
跡が残ってしまうこともあるので、くれぐれも無茶はしないでくださいね。

市販薬を使う場合、どのくらいで完治できるのかは、個人差があります。
また、イボによっては効果が出ず、完治できない場合もあるので、いくら使ってもムダというケースも。

皮膚科で治療をする場合も、病院によって料金設定がかなり異なります。
レーザー治療も、一概に統一された料金設定ではないんですね。

各病院のサイトなどで、料金一覧を確認して、できればキチンと相談して、納得できる所を探すのが一番いいと思います。

首イボの治療費・私の場合

参考までに、私が治療した首イボの治療費について書いておきたいと思います。

私は、東京の某美容皮膚科で、炭酸ガスレーザーによる治療を受けました。

首だけで、大体20個くらい取りました。
首以外にもイボがあったので、予想より高額になってしまいましたね。

一部位につき、10個までは15,400円で、11個目からは1個につきプラス510円という料金設定でした。
ただし、イボが大きい場合は、また料金が変わります。

f:id:charming30:20160319184657p:plain

私の場合、首イボは20個だったので、20,500円。
この他に麻酔代や、ケア用のクリーム代などがかかります。

また、後日経過を診てもらうのに診察代がかかりますし、万が一シミができてしまうと、別途レーザー代がかかります。
これは、炭酸ガスレーザーとは違ったレーザー治療で、シミや赤味を取るものになりますね。

何だかんだ、想定の倍近くかかってしまいました☆

でも、長年悩みだった首イボが、短期間でキレイに無くなるんです!
高い買い物と思うかどうかは、本人次第でしょう。

ちなみに、私は首イボをレーザー治療で取って、良かったと思っていますよ♪
跡も残らず、すっかりキレイになりました!

首は目立つ部分ですから、多少高額だな・・・と思っても、納得できる病院で治療されることをオススメしますよ!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ブログランキング