首イボには尿素クリームが効果的って本当なの?

首イボ・・・イヤですよね。

ポツポツといくつもできてしまうと、ザラザラした肌になるし、衣類の繊維が引っかかったりして気になります。

見た目も、何だかフケたように見えてしまい、襟元が開いた服を着るのも抵抗を感じませんか?

そんな首イボに「尿素が効くのでは!?」というウワサがありますが、本当に効果はあるのでしょうか?

f:id:charming30:20160319194236p:plain

尿素には殺菌効果があるので、イボへの効果が期待できますが、残念ながらこれはウイルス性のイボに限るようです。

「ウイルス性のイボと首イボは違うの?」と思われる方は、きっと沢山いるでしょう。
はい、首イボとは、俗にいう「老人性イボ」であることが多いです。

※「老人性」と言われると、ちょっとショックですが、これは30代でもできてしまうイボです。

残念ながら、この老人性イボに尿素は全く効きません。

よく尿素配合のクリームで、「イボがポロポロ取れた!」という話を聞きますが、これはウイスル性によるのイボの話です。

尿素は肌に塗っても悪いものではありませんが、首イボが取れるというような過剰な期待は持たない方が良いと思います。

首イボには尿素は無意味

ご自分の首イボが老人性イボかどうかは、皮膚科で判定してもらうといいでしょう。

老人性イボにも種類があって、アクロコルドン、スキンタッグ、軟性線維腫などがあります。

素人目にはどれも同じようなイボに見えますが、専門医に診てもらえば、一発で判定してもらえます。

この中のどの種類のイボであっても、尿素は効きません。
効果があるとすれば、ヨクイニンが配合されたクリームですね。

このヨクイニンには、美肌効果を高める成分が入っているので、塗り続けると角質が剥がれやすくなり、首イボも取れる確率が高いです。

ただし、かなり大きなイボになってしまうと、ヨクイニンでも取ることは難しいでしょう。

皮膚科でレーザー治療や液体窒素、または電磁メスなどで切除してもらう方が確実です。

首イボは肌や衣類が擦れる場所にできやすいので、普段からそういった部分のケアには気を配っておきましょう。

ちなみに、尿素配合のクリームは一時期人気でしたが、使用には注意が必要です。
敏感肌の方は、ヒリつきを感じることがあるからです。

尿素は刺激のある成分なので、手足のように皮膚の厚い部分ならまだしも、首やデコルテなどの敏感な部分に塗るには、刺激が強すぎることがあります。
ちょっと試してみて、ヒリヒリするようなら、使用は控えてくださいね。

ヨクイニン配合のクリームの方が、首などに塗る場合は安心だと思いますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ブログランキング