首イボ治療を皮膚科に相談するなら電話ではなく対面で!

私が首イボの治療を検討した時、まず最初に皮膚科のホームページを調べました。

 ・どんな治療方法なのか?
 ・治療費は、いくらくらいかかるのか?
 ・先生は、有名な方なのか?

今は、ネットで検索すれば、大体のことはすぐに分かってしまいますからね。

通院できる範囲で、信頼できそうな先生を見つけ、治療費も概算が掴めたので、早速予約の電話を入れました。

f:id:charming30:20160319200357p:plain

ところが、受付の方にイボのできている場所と大体の数を聞かれ、一旦はカウンセリングになると告げられて、ちょっと拍子抜け!

私は、レーザー治療の予約が、すぐに取れると思っていたんですね。

受付の方がおっしゃるには、首イボにも種類があって、一度診察しないと治療法が確定できないんだそうです。

仕方がないので、一旦、カウンセリングを受けることにしました。

これは、私が治療を受けた美容皮膚科の場合ですが、いきなり電話で治療の予約を受けてくれる病院もあるそうです。

ただ、「電話で予約を取って、すぐに治療してもらった」までは良かったのですが、予約の際に料金の確認をしていたにも関わらず、処置が終わってから高額な金額を請求されたという話があります。

どうやら、その人の首イボは老人性イボではなく、良性腫瘍だったために、治療法が違っていたらしく・・・!

ご本人は、老人性イボだと思い込んで料金の問い合わせをしていたので、良性腫瘍とは想定していなかったんですね。

こんな風に、電話での相談や確認は、お互いに誤解を生んでしまうことがあるようです。

首イボの皮膚科での治療にカウンセリングは必須!

私の場合は、美容皮膚科だったからかもしれませんが、きちんとした説明とカウンセリングがありました。

実際に先生に診ていただいて、老人性イボなのか、レーザー治療でOKなのかを確認してもらい、見積もりという順番です。

f:id:charming30:20160319201046p:plain

予想よりも高い金額を提示されましたが、とても信頼できる先生だと感じたので、お願いすることにしました。

また、顔に気になるホクロがあったので、ついでに相談してみたところ、「将来ガンに変化する可能性を孕んでいるから、なるべく早めに除去した方が良い」と言われました。

このホクロは、年々大きくなっていたので、首イボと一緒に取ってもらうことに。
首イボにしてもホクロにしても、素人目には全く分からないことだらけです。

分からないことや不安な点は、治療の前にどんどん質問しましょう!
それで納得がいかなければ、別の病院に行くなり、治療方法を検討し直すなりすればいいのです。

首イボの一個一個は小さいですが、万一跡が残るようなことになったら、怖いですからね。

病院によっては、ハサミでチョキン!と切ってしまう治療をすることもあるんだとか!

心の準備をするためにも、キチンと診察をしてもらって、納得の上で治療に臨みましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ブログランキング