首イボに効くオイルはアプリコット(杏仁)オイルだった!

ブツブツと、首にできてしまう首イボ・・・
しかも、別名「老人性イボ」と言うのですから、これは女性にとってはかなりショックなものです。

できてしまった首イボは、自然に治ることはありません。
皮膚科で治療を受けるか、自分でケアしていくしかありません。

「オリーブオイルを塗るといい!」という意見も多数出ていますが、実は「オリーブオイルよりも効果が高い!」と絶賛されているオイルがあるんですよ。

それが、アプリコット(杏仁)オイルです。

アプリコットオイルとは、杏の種から作られる杏仁油のこと。
杏は、古くから漢方薬としても親しまれてきた素材なので、安心ですね。

老化防止に効果の高いオレイン酸やリノール酸、パルミトレイン酸などが豊富に含まれていて、老人性イボの原因となる乾燥を防ぐ効果が高いのだそうですよ。

アプリコット(杏仁)オイルってどんなオイル?

保湿性の高いアプリコットオイルは、首イボを柔らかくする効果があると言われています。

皮膚の代謝を良くして、首イボを取っていくんですね。

ちなみにこのアプリコットオイル、ココナッツに似たようないい香りがするそうです。
そう言えば、杏仁って、ちょっとココナッツに似た香りがしますよね!

化粧水などでしっかり首を保湿した後に、このアプリコットオイルを塗って、優しくマッサージをしていきます。

f:id:charming30:20160319212951p:plain

マッサージの後は、蒸しタオルで温めると、更に効果が出やすくなるんだとか。
オリーブオイルほどのベタつきがないので、使い心地はとてもいいと評判ですよ。

どのくらいで首イボが取れるの?

首イボの大きさには個人差がありますし、アプリコットオイルの効き目も、もちろん人それぞれだと思いますが・・・

大体一週間くらいで、肌に変化を感じるそうです。
小さいイボなら、“三週間くらいでポロポロ取れてくる”という報告も上がっているんですよ。

茶色のイボが黒ずんできたら、もうじき取れるサイン!
「マッサージしている最中に、ポロっと取れた!」と言う方もいました。

大き過ぎるイボには、もしかしたら効果はないかもしれません。
でも、小さくても沢山できてしまう首イボが、これで取れるなら嬉しいですね!

イボが無くても、お肌にいいオイルだと言われているので、全身の保湿に使ってもいいでしょう。
妊娠線の予防にもなるそうですよ。

まだ首イボができていない方も、アプリコットオイルで、今のうちに予防のためのケアしておくといいかもしれませんね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ブログランキング