首イボの市販薬にはやっぱりヨクイニンが最強!?

首イボに悩んだことがある人なら、「ヨクイニン」という言葉をご存知ではないでしょうか。

ヨクイニンとは、イネ科のハトムギの皮を取り除いた、種の部分から作られる生薬のことです。
いわゆる漢方薬ですね。

f:id:charming30:20160319215900p:plain

ハトムギが首イボに効くと言われているのも、このヨクイニンの成分が含まれているからです。

ヨクイニンは首イボだけではなく、昔から肌を綺麗にする効果があると言われています。

ニキビやシミ、ソバカス、アトピー性皮膚炎にも、効果的なんだそうですよ。
また、デトックス効果もかなり高いようですね。

ヨクイニンは、塗り薬などに含まれることもありますが、錠剤としても売られています。

もし、塗り薬を試して効果が出なかったという方は、飲み薬で内側からの効果を試してみるというのも、一つの方法だと思います。

ヨクイニン錠は首イボに効果アリ?

ヨクイニンは、処方薬として保険診療に適応する薬があります。
その他、市販薬としても何種類か出ていますね。

クリシエからは、「ヨクイニンエキス顆粒クラシエ」という顆粒タイプのものと、タブレットタイプのものが。
新日本製薬からは、「ヨクイニン錠」という小粒の錠剤が。
横山製薬からは、「イボコロリ内服錠」という錠剤が販売されています。

ちなみに、イボコロリは液体の塗り薬もありますが、そちらはタコや魚の目専用の薬なので、くれぐれも首イボには使用しないでくださいね!

これらの薬は、首イボの他にも、お肌を美しく保つ効果があるのだそうです。
サメ肌や、二の腕のブツブツにも効果を発揮するんですって。

風邪の引き始めにも、いいんだとか!
ある意味、万能ですね。

ご自身で、飲みやすいものを選んでみてくださいね。

ヨクイニン錠で首イボが治らなかったら

首イボに効果が高いと言われているヨクイニン錠ですが、その効果は100%とは言えませんし、どのくらい飲めば治るという保証もありません。

私自身、首イボに悩まされた経験を持ちますが、全てのイボがキレイに取れる薬というのは、なかなか難しいと考えています。

イボによっては、薬で効果が出るかもしれませんが、取れないイボがあっても不思議ではありません。

もし、数ヶ月試して効果が得られない場合は、一度皮膚科の診察を受けてみるのもいいと思います。

f:id:charming30:20160319220237p:plain

自分では首イボだと思い込んでいても、実は全く違うイボかもしれません。

イボやホクロはあまりいじってしまうと、悪い細胞に変化してしまうので、気になる場合は一度専門医に相談してみてくださいね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ブログランキング