首イボに効く薬でランキングに入った商品は何?

自宅でのケアで首イボを治したい人って、かなり沢山いらっしゃるようですね。

市販薬を購入して、自分で塗って治すという方法が主流のようですが、どの商品が首イボに効果的なのでしょうか?

ランキングに入った薬は、ジェルタイプのもの、クリームタイプのもの、オイルタイプのもの、パックタイプのものがあり、薬というよりは化粧品ですね。

美肌効果の高いものが多いので、継続して使うことで、首イボの予防にもなりそうです。

効果については、かなり個人差がありますので、どれが一番!とは言いにくいのすが、「首イボランキング」に入った商品のご紹介をしておきたいと思います。

f:id:charming30:20160319222837j:plain

ジェルタイプの薬

まず、首イボ化粧品としては、有名どころの「シルキースワン」ですね。
「首イボに効く薬」で検索すると、よく目にします。

シルキースワンは、ジェタイプの塗るだけ化粧品。
「ヨクイニンエキス配合で、使い心地が最高!」と高評価を得ています。

また、「艶つや習慣」も人気の商品です。
オレンジ色のジェルが、何ともキレイなんですよ。

手軽なオールインワン化粧品で、全身に使えます。
ポツポツが取れる角質ケア化粧品としても、非常に評判がいいですね。

クリームタイプの薬

クリームタイプでは、「つるっぽろん」が有名ですね。

これらはネーミングがいい!と評判ですが、部分的な首イボケアに向いているようです。
根気よく塗り続けることが、大切なんだそうですよ。

ただ、量が少な目なので、塗る範囲が広いと、塗り切れないという声も・・・

オイルタイプの薬

「APRIAGEオイルS」は、杏仁オイル配合で、油やけの心配がありません。
患部に塗って、3分間ほどマッサージをします。
皮膚科医オススメの高品質オイルですよ。

「アンミオイル」は、スクワラン、月見草、ヨモギエキスが配合されたオイル。
首イボに効果のある杏仁が、1瓶に200個分も入っているんですよ!
使い心地がいいと、オイル好きの方からは高い評価を得ています。

美容液タイプの薬

「杏仁スムージングエッセンス」は、杏仁オイルとヨクイニンが配合された美容液です。

肌が弱い方にオススメです。
無香料・無着色というのも嬉しいですね!

「イポケアEX 美容液」は、見た目は薬のような瓶に入っています。

フランスで研究開発された成分が使用されているので、注目度が高いです。
また、比較的価格が安いので、コスパが良いと評判です。

難点は、美容液が垂れてしまうので、使いにくいという声がチラホラと・・・?

「ヴェルク100 イポロン」・・・

こちらもフランスで開発された、「バチルス発酵液」という特許成分を配合した美容液です。
古くなった角質を取り除く作用があります。

パックタイプの薬

「つぶのんパック ナイトハード リッチ」は、首イボに塗って剥がすタイプのパックです。

何回か繰り返すうちに、首イボがポロッと取れてしまうんですって!
しかも、痛みは殆ど無いそうです。

通常版とリッチ版が販売されていて、リッチ版の方が数百円高いのですが、断然リッチ版の方が人気ですね。

首イボに関する薬は、本当に色々な種類がありますね!
自宅で治したいとお考えの方は、是非ご自身に合うと思う薬を選んでみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ブログランキング