首イボの懸垂性線維腫とは?皮膚の一部が垂れ下がる

首イボの種類は、大まかに分けて4種類あります。

小さいものから「アクロコルドン」「スキンタッグ」「軟性線維腫」「懸垂性線維腫」と、イボの大きさによって分けられています。

「懸垂性線維腫(けんすいせいせんいしゅ)」は、軟性線維腫が大きくなって、垂れ下がったような状態のイボです。

色は、肌色に近いものから、茶色のものまであります。

健康に影響はありませんが、首などに沢山できると、見た目が気になりますよね。

f:id:charming30:20160320141158p:plain

また、イボと言っても、皮膚の一部が垂れ下がったような感じなので、衣類やアクセサリーが引っかかることも!

私にも、この懸垂性線維腫が1つありました。
普段は、皮膚が折りたたまれたような状態になっていて、つまむと長さがあり、人には見えない所でしたが、とても気になりました。

今は、レーザー治療のお陰で、跡形もありませんが。

懸垂性線維腫を治療するには?

懸垂性線維腫は、ある程度の大きさがあるので、自分で切ってしまう人もいるようです。

でも、これは絶対に止めてくださいね!
万一、悪性の腫瘍だったりしたら大変です!!

個人的には、軟性繊維腫や懸垂性線維腫は、早めに病院に行って治療をしてもらうのがベストだと思います。

皮膚科や美容皮膚科では、レーザーなどで簡単に治療してくれます。
保険が効かないので、少々高くつきますが、一発で綺麗に治るのでオススメですよ。

f:id:charming30:20160320141327p:plain

麻酔をするので、痛みは全くありませんし、治療後も特に痛みは出ませんでした。

敏感な方は、ヒリつきを感じることがあるそうですが、塗り薬が処方されるので、すぐに落ち着きます。

液体窒素で焼き切るという方法も人気が高いですが、大きなイボの場合は、何回か通院しなければならないようです。
また、人によって痛みを感じることもあるようですね。

軟性繊維腫や懸垂性線維腫は、場合によっては、メスで切除するケースもあります。

いずれにしても、専門医にしっかりと診察してもらいましょう。

懸垂性線維腫の原因と対策について

懸垂性線維腫に限らず、首イボができてしまう原因には、乾燥と摩擦、そして紫外線が大きく影響しています。

また、体質によっても首イボができやすい人、できにくい人がいます。
更年期を迎えた女性、肥満気味の女性ができやすいという報告もありますね。

一度首イボができた人は、仮に皮膚科で切除をしてもらっても、また再発する可能性があります。
日頃から、保湿と紫外線対策を心がけましょう。

首イボ専用のクリームは、小さなイボを取るだけではなく、首イボを作らないように予防する効果もあります。
毎日のケアで、首イボを作らない(増やさない)対策をしていきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ブログランキング