首イボと脂漏性角化症は同じもの?やっぱり原因は老化だった

首イボについて調べていると、「脂漏性角化症」という言葉を目にしませんか?
ちょっと難しい言葉ですが、「脂漏性角化症」は「しろうせいかくかしょう」と読みます。

これは、加齢とともに発生する皮膚の良性腫瘍で、老化現象の一つですね。
遺伝的要素や、紫外線にさらされた皮膚の老化だと考えられているんですよ。

f:id:charming30:20160320142134p:plain

40代くらいからでき始める人が多いですが、最近では20代でも脂漏性角化症に悩んでいる人がいるんだとか。
60代で80%、80代では100%の確率でできると言われています。

脂漏性角化症は、手のひらや足の裏以外であれば、皮膚のどこにでも発生します。
出やすい部分は、頭、顔、首、胸、背中など。

色は肌色のものから、黒いものまでさまざまで、大きさは数ミリ程度の小さい物から、3センチくらいになるものもあるんですよ。
また、ぷっくりと盛り上がりが出るものも!

脂漏性角化症の表面は、ザラついた感じです。
指で擦ると、ポロポロと皮膚が剥がれるような感触があります。

脂漏性角化症は首イボと同じものなの?

脂漏性角化症は首にもできるので、首イボの一種と言っていいでしょう。

首イボは、その大きさや形状から、種類分けがされていますが、素人目に大きな違いはありません。

一般的に、首にできてしまったものは「首イボ」、顔にできてしまったものは「顔イボ」などと呼ばれています。

どちらにしても、お肌の邪魔者であることは違いありません。

脂漏性角化症も良性の腫瘍なので、本人が気にならなければ、放置しておいても問題はありません。

しかし、首にできると、衣類と擦れ合って痒くなったり、アクセサリーや髪の毛が引っかかるといったトラブルがあります。

気になるようなら、専門医に相談して治療を受けましょう。
跡形もなく、綺麗に取ることが可能ですよ。

脂漏性角化症の治療法は?

脂漏性角化症の治療法は、他の首イボと同じです。

皮膚科で診察を受け、レーザー治療や液体窒素による凍結療法、手術などで治療をしてもらいます。

その治療法によって、金額や完治までの期間が変わってきますので、施術前に医師の説明をよく聞くようにしてください。

f:id:charming30:20160320142445p:plain

またごく稀に、悪性の腫瘍である場合があります。
皮膚ガンなどに変化する可能性もありますので、万一、悪性の判定を受けた場合は、早めに切除することになるでしょう。

良性の場合は、治療するしないは本人の自由です。

ただ、脂漏性角化症は、見た目に大きく関わるものなので、女性ならば取りたいと思う方が多いですよね。

一度できた方は、今後もできやすいと思います。
治療後も、予防をするよう心がけてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ブログランキング