保険は効くの?首イボの除去を皮膚科で検討している方へ

首イボの除去を皮膚科で検討する場合、色々な注意点があります。

まず、保険が適用されるケースと、適用されないケースがあります。
病院や治療法によっては、かなり金額に差が出てしまいますので、事前にしっかりと調べておきましょう。

f:id:charming30:20160320143655j:plain

基本的に、美容皮膚科で治療をしてもらう場合は、保険適用外であることが多いです。
一度、首イボの診察をしてもらい、治療費の見積もりを出してもらうといいですね。

また、普通の皮膚科だから、間違いなく保険が適用されるとは限りません。
そして、レーザーを使った治療だから、保険適用外になるとも限らないのです。

首イボの除去で保険が適用されないケース

美容皮膚科で首イボの除去をすると、大抵の場合、保険が適用されません。
病気の治療というよりは、整形に近い扱いになるのだと思います。

確かに、首イボを取らなかったからと言って、命に関わるような事態は起こりません。
見た目を綺麗ににするための治療だと言われてしまえば、それまでです。

実際、私もレーザー治療で首イボを除去しましたが、美容皮膚科だったので、全くの保険適用外でした。

f:id:charming30:20160319184657p:plain

とても綺麗に治してもらえたので、満足はしていますが・・・
やはり、治療費は安くは無いです。

レーザー治療費の他に、麻酔代や薬代、経過を診てもらうたびに診察料金がかかるので、結果的には最初に提示された金額よりも高くつきました。

トータルでいくらかかるのか気になる場合は、初診の際にしっかりと確認しておきましょう。

首イボの除去で保険が適用されるケース

一般皮膚科での首イボの除去は、保険が適用されるケースが多いです。

しかし、中には「治療をしてみたら、保険適用外のイボだった」と言われた方もいるようです。

後々トラブルにならないためにも、治療法と料金は事前に確認しておいてください。

小さい首イボなら、医療用のハサミで、チョンチョンッと切ってしまうことが多いようです。

この治療法は保険が効きますし、料金もお安めです。
よく再発する方や、首イボの数が多い方には、いい治療法だと思います。

通常のイボ治療に用いられる、液体窒素を使う方法も一般的ですね。
この治療法も、保険が適用されます。

どちらの治療法も、そんなに痛みはないようですが、心配な場合は専門医に相談してみてくださいね。

この他、首イボを手術で切除する場合も、保険は適用されます。

ただ、炭酸ガスレーザーでの治療法は、基本的には保険適用外です。

レーザーで保険を適用させるには、厚生労働省が認可しているレーザー機種でなければならないようですよ。

ご自身の首イボを、保険の適用内で治療するかどうかは、よく考えてから決めてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ブログランキング