勇気を出して首イボ取りをセルフでやってみる!?

首にポツポツとできてしまう、首イボ。
でき始めると、次々とできてしまうし、夏場は目立ってイヤですよね。

皮膚科で治療をすれば、綺麗になりますが、やはりお金がかかるので、躊躇される方も多いようです。

放っておいても、命に関わるものではありませんが・・・
取れるものなら、取りたいですよね。

「首イボをセルフで取りました!」という方は、実は意外と多いんですよ。

f:id:charming30:20160320145412p:plain

もちろん、首イボの状態にもよりますし、勇気のある方にしかできない方法ですが・・・

今回は、「自分で首イボを取った」という方の、体験談をご紹介したいと思います。

もし、トライする場合は、あくまで自己責任になりますので、くれぐれもよく考えてからにしてくださいね。

首イボを髪の毛で縛る

ロングヘアーの方にしかできない方法ですが、自分の髪の毛を抜いて、出っ張りのある首イボを縛ります。

①イボに循環する血液を止めるイメージで、しっかりと縛ります。
②そのまましばらく放置すると、首イボが黒っぽく変色してきます。
③やがて、ポロッと首イボが取れます。

これは、一番簡単な「セルフで首イボを取る方法」ですが、出っ張りのある首イボにしかできません。

また、首イボを縛った時に、若干痛みがあるようですね。

首イボを毛抜きで摘む

原理は、髪の毛で縛るのと同じです。

①首イボの根本を、毛抜きで摘みます。(摘むだけで、引っ張るわけではありません。)
②何回が摘むことで、髪の毛で縛ったのと同じような効果が得られ、首イボが段々と黒っぽくなってきます。
③やがて、ポロッと首イボが取れます。

これも、出っ張りのある首イボに有効な方法です。

早く取ってしまいたい場合は、ある程度のところで、爪切りなどを使って切ってしまうといいようです。
見えにくい場所は危険ですので、十分に気を付けてくださいね。

首イボをハサミで切る

若干の痛みと出血を伴いますが、自分でハサミで切ってしまうという方法もあります。

肌が敏感な方にはオススメできませんが、意外とこの方法で首イボを取っている人が多くて、驚きました。

念のため、切除する前後は、キチンと消毒してくださいね。

f:id:charming30:20160319210023p:plain

いかがでしたか?
皆さん、度胸があって、本当にビックリしました!

今回ご紹介した3つの方法は、首イボを自分で取る代表的な方法ですが、全て自己責任でお願いします。

個人的には、市販薬か化粧品やを使うか、専門医の治療をオススメしたいところですが、首イボに悩む方の参考になればと思い、一応ご紹介させていただきました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ブログランキング