角質粒は首イボと同じもの?放っておくとイボになる!

「角質粒」という言葉がありますが、首イボとは違うのでしょうか?

実は、角質粒とは・・・
ごく小さなイボのことを言うようです。
薄茶色で、ポツンと盛り上がったくらいの、シミ状のものですね。

放っておくと、やがて本物のイボになります。

原因は、首イボ(いわゆる老人性イボ)と同じです。
肌に老廃物が溜まってしまった状態で、老化現象の一種なのです。

角質粒は、古くなった角質が原因なので、ピーリングやオイルマッサージをした後、クリームなどで保湿を心がけるといいでしょう。

f:id:charming30:20160320161646p:plain

マッサージには、杏仁オイルやオリーブオイルが効果的だと評判です。
「角質粒が、これでポロッと取れた!」という口コミが、非常に多いんですよ。

ピーリングも角質粒には効果的ですが、お肌に負担がかかりますから、やり過ぎには注意してくださいね。

角質粒のでき始めは、ごく小さな皮膚の出っ張りなので、「肌がザラザラする」くらいにしか思わないかもしれません。

「気付いたら、沢山できていた!」ということが多いですから、首周りにザラつきを感じたら、一度鏡でよくチェックしてみてくださいね。

角質粒は小さいうちにケア!

お肌の老廃物からできる、角質粒。

もし見つけたら、なるべく早めにケアして治してしまいましょう。
小さいうちだったら、病院へ行かなくても、自宅で取ることが十分に可能です。

今は、角質粒に効果の高いヨクイニンエキスや、杏仁オイルを配合した化粧品が、沢山販売されていますからね。
このクリームやオイルを塗ることで、小さな角質粒なら除去することができますよ。

ヨクイニンは、ハトムギに含まれる漢方としても使われる成分です。

f:id:charming30:20160319215900p:plain

ヨクイニンも杏仁オイルも、どちらも硬くなった角質粒を柔らかくする性質を持っています。

塗り続けることによって、根本からポロリと角質粒を落とします。

角質粒は、大きくなってイボのような状態になってしまうと、セルフケアでは治せなくなります。

専門医の元で、レーザー治療や液体窒素による治療を受けた方が良いでしょう。
もちろん、ハサミやメスを使って切除という治療法もあります。

こんなことになる前に、日頃から角質粒を作らない習慣をつけておきたいものですね。

新陳代謝を良くするためにも、規則正しい生活が大切です。
質の良い睡眠や、バランスの良い食事、適度な運動を心がけましょう。

ヨクイニンエキスや杏仁オイルは、角質粒を予防する効果もあります。
新たな角質粒を発生させないためにも、毎日のケアを怠りなく!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ブログランキング