首イボと稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)の違いは?

稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)は、イボの一種です。

1~2ミリくらいの小さな粒状で、「ミリウム」とも呼ばれています。
比較的、皮膚の浅い所にできる角質の塊なので、「脂肪の塊」と呼ばれることも。

大きさは、初期の首イボに似ていますが、性質は全く違います。

f:id:charming30:20160320165406p:plain

稗粒腫は、ニキビなどで毛穴が傷んでしまった後に、表皮が袋状になって治ると、できると言われています。

火傷の跡にも、できることがあるそうですよ。

見た目は白くて、小さなニキビのようですが、白ニキビとも違うものなんですね。

見分け方は難しいので、なかなか治らなかったり、気になったりしたら、専門医に相談してみてください。

ただ、放っておいても健康に害があるわけではありませんし、スキンケアで悪化するようなこともありません。

問題は、見た目ですね。

稗粒腫は、皮脂分泌が非常に少ない部分、特に目の周りにできやすいので、女性にとっては非常に気になるイボと言えるでしょう。

稗粒腫の治療方法は?

稗粒腫は、中の塊が限界に達すると、外に押し出されることがあります。

中身が出てしまうと、肌は綺麗な状態に戻りますが、1つできると次々とできてしまうことも!

できれば、皮膚科で切開してもらうか、器具を使って弾けさせてもらった方がいいでしょう。

目の周りにできることが多いので、くれぐれも自分で潰したりはしないでくださいね。
皮膚を傷つけると、シミになってしまいますよ。

f:id:charming30:20160320165629p:plain

稗粒腫ができる原因は、主に体質です。
なので、一度できた人は、今後もできる可能性が高いということですね。

その他、洗顔がしっかりできていないと、稗粒腫ができやすいと言われていいます。
お顔の汚れは、キチンと落としましょう!

ちなみに、皮膚科で治療を受ける場合は、保険が適用されるものと、されないものがあるようです。
必ず、事前に確認するようにしてください。

保険が適用された場合は、1,000円かからないくらいで、治せるみたいですよ。

治療自体は、細い針で穴を開けて、中の白い塊を押し出すだけです。
チクリとする痛みがありますが、数分で終わりますし、麻酔をするほどではありません。

また、首イボに効くと言われているヨクイニンエキスも、この稗粒腫には効果的です。
食生活に、ハトムギを取り入れたりすると、良いかもしれませんね。

そうそう、杏仁オイルでマッサージをすると、稗粒腫が取れるという話を聞いたことがあります。
興味のある方は、是非試してみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ブログランキング