首イボは何歳からできる?老人性イボでも年は関係ない!

首イボは「老人性イボ」とも呼ばれているため、「お年寄りにできるもの」と思ってしまいがちですよね。

一般的には、40代以上になると、首イボが出やすくなります。

しかし、20代や30代であっても、首イボが発生することはあります。
私自身、30代でできましたからね。

f:id:charming30:20160320203415p:plain

実は、首イボができる原因は、加齢だけではありません。
若くても、男性であっても、体質(遺伝的要因)によって、首イボができてしまうことはあるんです。

また、紫外線に対するケア不足も、原因の1つですよ。
衣類による、摩擦の影響もありますね。

40代以降にできやすいのは、年齢と共にお肌のターンオーバーの働きが鈍ってくるからです。

本来なら、古い角質は垢と共に剥がれ落ちていきますが、年を取るとうまく剥がれ落ちずに、残ってしまいます。
その古い角質が、首イボに変化していくんですね。

もちろん、体質によっては、年を取っても首イボができない人もいます。

若いうちにできてしまった首イボについて

首イボは、健康には全く害がないので、自分さえ気にならなければ、放置しておいも構いません。

でも、沢山できてしまうと、髪やネックレスなどが引っかかったり、何より人の目が気になりますよね?

首イボを隠そうとして、襟の詰まった洋服を着ると、また衣類と皮膚が擦れてしまい、より首イボが増えてしまう原因にもなりかねません。

皮膚科で除去してもらうか、自宅で首イボ専用の化粧品などを使って、ケアすることをオススメします。

やはり、早く確実に取れるのはレーザー治療ですが、ごく小さなイボだったら、自宅でケアすることも十分に可能ですよ。

f:id:charming30:20160320204932j:plain

普段から顔だけでなく、首からデコルテの紫外線ケアをしっかりと行って、今以上に首イボが増えないように気を付けましょう。

また、皮膚科で治療をした後も、今後再発しないように、首イボに効果の高いヨクイニンエキスや杏仁オイルが配合されたクリームなどで、予防をするようにしてください。

ヨクイニンはハトムギから作られる成分で、角質を柔らかくして皮膚のコンディションを整えてくれます。
この成分は「イボ取り名人」とも呼ばれているので、期待できますね!

皮膚科での治療は、レーザー治療や液体窒素、ハサミなどによる切除が主ですが、どの方法でも治療時間はそんなにかかりません。
一番時間がかかるとすれば、最初のカウンセリングだと思います。

首イボの治療は、何度も通う必要がありません。

大体の場合は、1回~2回。
稀に、首イボが大量にあって数回に分けで治療するケースもありますが、何ヶ月も通院するなんていうことはありませんから、ご安心を。

自宅でのケアに比べると、ちょっと金額は高くなりますが、手っ取り早く治してしまうなら、専門医にお任せするのが一番です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ブログランキング